口の臭いについて

口臭は他人を不快にする最大の原因になりうると言います。確かに家庭生活でも、職場でも、他人と会話する機会はとても多いのです。そのたびに、イヤな臭いをかがされるとなると、自然にその人との距離をとるようになってしまいます。万が一にもあなた自身がそのような立場にならないように、口臭の原因と予防法についてきちんと理解しておきましょう。

職場のあんぜんサイト:化学物質:トリイソプロパノールアミン

まず、口臭の原因ですが、当然のことながらその原因は口の中にあります。口の粘膜は、皮膚の垢と同様です。時間が経てば、細胞がはがれおち、舌にたまって腐敗します。これを舌の苔と書いて、「舌苔」と呼びます。舌苔は流動食が中心の人に溜まりやすいことから、食事をきちんと歯で噛んで食べることで、ある程度回避することができます。物を食べると言うことは、歯を汚しますが、唾液が循環することにより、舌を綺麗にするのです。もう少し化学的にいうと、口臭の主な原因は、揮発性硫黄化合物(硫化水素やメチルメルカプタン)と呼ばれるものです。歯周病の原菌は、硫化水素より悪臭の強いメチルメルカプタンを大量に生み出しますので、思わず鼻をつまんでしまう強烈な口臭が発生します。このレベルになると、あきらかに、周囲の人間に気付かれ、不快な思いをさせることになります。

気液平衡データ 東京理科大学 教授 大江修造

また、食べ物ではにんにくなどを多く食べると、アリル化合物、セレニウム化合物というものが発生します。それらのガスが腸を伝って肺から排出され、口臭の原因となります。

大阪 わきが治療

口臭の問題は、オフィスなどの場で話題に上るくらい問題視されることもありますが、まずはその原因がどこにあるのかを突き止めるのが重要です。胃腸など内臓疾患が原因であれば、専門医に直接相談するべきでしょう。単に、口の中のメンテナンスを怠っているのが理由なら、歯周病の予防や歯垢を除去するためにも、定期的に歯科医を受診して、適切な処置をしてもらうことをおすすめします。