デザイナーズマンションに住む彼

数ヶ月前に彼氏が引っ越しをして、それまで住んでいたアパートとは全然違う、デザイナーズマンションに住むようになりました。やっぱり外観からしてオシャレで、こんなとこに住みたい!って憧れる、いい雰囲気の物件です。エントランスホールもただの入口というよりホテルのロビーを彷彿させる感じで、むしろここが自分の部屋でもいいって思えるくらいでした(笑)

抵当権と賃借権の関係について

お部屋はただのコンクリート打ちっぱなしの壁なはずなのに、照明や建具の配置の関係ですごくオシャレに見えます。彼自身は特に家具や配置にこだわるタイプではなかったのですが、引っ越してからというもの、マンションの雰囲気に合わせるべくどんどん部屋をオシャレにしていきます。ちょっとオシャレすぎて、私なんかは逆に落ち着かない時もあるのですが…(笑)



デザイナーズマンションというと、デザインばかりこだわっていて住みづらい、扱いづらい印象があったのですが、彼のマンションはそんなこともなく快適です。意外と気が利いてるというか、細かいところが凝ってるんですよね。最初は「こんなとこにカウンターがあってどうするの?」と思ったのに、実はすごくそれが便利だったりとか。最近はデザインと便利さを両立させるタイプのデザイナーズマンションが増えているらしいので、住みづらいっていうイメージは払拭されました。

仙台弁護士会 ≫ 平成23年5月25日「東日本大震災への罹災都市借地借家臨時処理法の適用に関する意見書」

今までオシャレに気を使っていなかった彼が、引っ越してから家具はもちろん身だしなみとかにも気を使うようになって、見違えるほどオシャレになりました。やっぱり、普段自分が身を置く環境によって、人ってどんどん変わっていくんだなって思ったりしてます。