太ももの脂肪吸引について

太ももの悩みはどんな女性でも持っているような気がします。『太もも』というくらいなのですから、普通の状態でも膨らんで太いわけです。ましてや、「水着なんぞを着てしまったら……!」と、今から、憂鬱な女性の方も多いでしょう。しかも、なかなか細くなってくれないのが、太ももなんですよね。そこで、手っ取り早い方法を選択するのもひとつの手かも知れません。脂肪吸引はあっという間に、痩せにくい太ももを細くしてくれます。

200以上の業種から選ぶ開業準備手引き書 業種別スタートアップガイド|J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

太ももの脂肪吸引は2パターンに大きく分けられます。「内もも+前面」と「外もも+裏側」です。もちろん、2セットまとめてやってしまいたいという方もいるでしょうが、部位が太ももですし、どうしもダウンタイムがあります。仕事や家事のことを考えるとなかなか、一気に終えてしまうというわけにもいきません。ならば、自分の気になっている部分を中心に置き、どこを施術すればよいのか考えてみましょう。

平成23年の全国の税関における関税法違反事件の取締り状況 : 財務省

「内もも+前面」ですが、普段の運動ではなかなか痩せない部分なのです。ここが膨らんでいると、パンツスタイルのときにきつく感じたり、布地とこすれるために肌がかゆくなったり、色素の沈着を起こしやすい場所です。水着を着たときに股の間がむっちりと肉に埋もれてしまうのが気になる方には、この場所の施術をおすすめします。内ももの脂肪を取り除くと大分すっきりとした印象になれます。



「外もも+裏側」も、やはり普段の運動量ではなかなか痩せることができません。また座ったときに、内ももの裏側同士が重なり合いますので、座高が高く見えたり、肉の厚みで脚が痛んだりもします。パンツスタイルが格好良く決まってくれないのも悩みの種ですね。

いずれはどちら側も、脂肪吸収の施術を受けるという希望でもよいでしょう。まずは、自分にとってより気になる部分から吸引してもらいましょう。ただし、せっかく手入れをしても、カロリーを取りすぎたり運動不足に陥れば、あっという間に元の木阿弥です。
施術部分の腫れが引き、医療機関からのOKが出た後は、適度に運動をおこなうように心がけましょう。